fc2ブログ

記事一覧

中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 2022

中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 2022
価格:864円/80g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:高 評価:★7.5





中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 20223
商品説明:
在来種を使用した2022年セカンドフラッシュ。生産者・武田達生の作り出す、芳醇な香りと味を思う存分楽しめる。






今回のお茶は、リクエストをいただいた朝宮の在来種を使った和紅茶!
聞いたことのないお店で、勧めてもらったときにはどこのやつだろう?と思っていましたが、説明を見ると武田製茶の武田さんが作ったものだと分かりました。
ちょっと前に飲んだので覚えていますよ~。
在来の割に個性のあるお茶を作っているという印象を受けましたからね!




中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 20224

茶葉はこんな感じ。
香りはナッツとスパイシーさが香ばしく感じられる。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 2022

・寸評


鮮やかな香り!



※詳細
トップノートはふんわり香るアーモンドのような香ばしさとカラメルのような甘さ。
ミドルノートはリンゴを思わせるシャープさと焼き海苔のような香ばしさ。乾燥唐辛子とほどよく爽やかなウッディーさが感じられる。
ベースノートはナッツの殻、オークのようなウッディーさ。
・トップ中、ミドル強、ベース中





[味]
中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 20221

・寸評


パワフル!



※詳細
ナッツとウッディーさが香ばしい風味。戻り香はちょっと緑茶っぽい。
口当たりはヘビー。
酸味とほろ苦さが最初に感じられるややシャープなトップテイスト。
ミドルでは苦渋・酸味・旨味が一体となった、煎茶を思わせる濃厚なコクを感じる。
ドライな塩気とエッジでフィニッシュ。後味には甘苦さが残る。「
・余韻 なし
・ボディー ミディアム寄りのライト
・苦渋 苦味はあるがむしろそれが良い
・雑味 ザラザラとしている。が、尖ってはいない。





[総括]
在来……これが在来!?

2年前のロットを飲んだ時にも思いましたが、武田さんのお茶は妙に個性が強い。
そしてこのロットでは味も強い。
ということで評価はグンと上昇しました。

不思議なもので、余韻もボディーも前に飲んだファーストフラッシュのものと大差なし。
構成自体も似ているので同じような場所で作られたお茶なのは間違いないと思うのです。
違いは時期くらいのもの。
ただ、その一点で見違える!
煎茶みたいな濃厚さです。
まあ、ダージリンのチャイナだって在来といえば在来なのでおかしな話ではないのですが、日本の在来でこんなにパワフルなものは初めて見ました。
抽出時間を4分まで縮めると重さが少し弱くなり、飲みやすさがアップ。しかし薄くなるわけではないので、満足度はしっかりあります。

個性が強い、味も強い、価格は安い。
実に良い商品だと感じました!


中川城盛堂茶舗 特選和紅茶「朝宮」 在来種 20222

こんな方にオススメ!
パワフルなお茶好きな方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: