fc2ブログ

記事一覧

森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush

森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush
価格:1080円/20g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:低 評価:★4





森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush
商品説明:
使用品種はやまなみ。スパイスや樹木を感じる独特の香気。ボディーはしっかりして深みのある味わい。





今回のお茶は、初めて飲む生産者のお茶です。
くれはでなどで「天の紅茶」という名前で売られているものですね。
これまで名前だけは知っていましたが、プレミアムティコンテストに出てきていたので興味がわいて購入しました。
品種はお久しぶりのやまなみ。黒文字みたいな香りのする中国系の血を持つ品種です。




森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush1

茶葉はこんな感じ。
香りは醤油っぽい旨みのある香ばしさ。
茶葉は3.0g量り取り、湯量225mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush4

・寸評


香ばしさの中に品のある花香あり!



※詳細
トップノートはウッディーさにスパイスとロースト感が混ざった結果感じられる、ツンと香る醤油のような香ばしさ。
ミドルノートはドライな枯れ感がメイン。トップほどのインパクトはないが、醤油せんべいのような香ばしさはここでも感じられる。冷め始めると香ばしさが後ろに下がり、水仙の花のような爽やかな白い花の香りを感じられる。
ベースノートはロースト感。
・トップ中、ミドル強、ベース中





[味]
森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush2

・寸評


雑味が惜しい。



※詳細
風味は醤油っぽい香ばしさと、ランやジャスミンのような花。
口当たりはマイルド。
甘味をベースにしたまったりとした飲み心地のトップ。酸味とほろ苦さが穏やかに流れていく。
ミドルでは渋味が絡んで酸味が強調され、少しシャープ。
軽い塩味が入ってフィニッシュ。後味はドライ。しばらくするとミネラルの甘みが出てくる。
・余韻 なし
・ボディー フル寄りのミディアム
・苦渋 渋味はミドル以降多少あるが、苦味は最初だけ。
・雑味 酸味が強く、渋みと絡んでいかつい収斂性が残る点はネガティブ。





[総括]
香りはかなり醤油っぽい火香があり、味で一番目立つのは酸味。
和紅茶というより中国紅茶に近い雰囲気になっていますね。
ただ香ばしいだけでなく華やかな花の要素もありますし、滋味のある甘味も感じられるという点で和紅茶として見ればかなり個性はしっかり出ているように思います。
ただ、ほぼ中国茶みたいな構成にしては味が荒すぎる……。
抽出時間を4分程度まで短くすれば苦渋はダウンし甘みが強くなりますが、舌に来る雑味はより鮮明になってしまうというデメリットがあります。

同価格帯で似たようなものにはジュンチヤバリ茶園のブラックシリーズがいますが、あれよりは穏やかな味で勝負という感じです。雲南のテンコウの方が近いでしょうか。相対する相手がそうなると、やはり雑味がネックになってきますね。
ボディーの強さと花香の強さがユニークなので、それが活きてくるといいなと感じました!


森と種とお茶 自然生態 2022年やまなみ紅茶 1st flush3

こんな方にオススメ!
個性のある和紅茶が好きな方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: