fc2ブログ

記事一覧

鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ

鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ
価格:不明 タイプ:リーフ コストパフォーマンス:不明 評価:★3





鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ7
商品説明:
トルコの黒海地方で作られている紅茶。トルコではこの紅茶をチャイダンルックで10分以上かけて濃く抽出、適度な濃さにお湯で割って楽しむ。ミルクは使用しない。香りを重視する紅茶ではないが、優しい味わい。





まさかのトルコ二回目!
今回のお茶は、おまけでもらったトルコ紅茶です。

基本的にトルコのお茶と言えば紅茶、紅茶の産地と言えばリゼ。
それ以外にも産地は存在しますが、実際出回っているものを目にするのは初めてです。
まあ、場所的にはよく似たところにあります。

鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ






鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ8

茶葉はこんな感じ。
トルコチャイ方式はもうおなかいっぱいなので、リゼと比べるために飲んでみます。
茶葉の香りは枯れ葉っぽさが強いですね。リゼの方が少しスッとする印象。
茶葉は2.5g量り取り、湯量150mL、95度で2分30秒蒸らしました。





[香り]
鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ3

・寸評


落ち着いた雰囲気!



※詳細
トップノートは枯れ葉。
ミドルノートはシャープな雰囲気のウッディーさと、トップよりも厚みの増した枯れ葉。落ち葉を思わせる、穏やかな雰囲気で、少々ウッディーさが混ざっている。冷めてくると少しメローなカラメルのニュアンスを感じられる。
ベースノートはロースト感。
・トップ弱、ミドル中、ベース弱





[味]
鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ1

・寸評


割とずっしり。



※詳細
風味は木片と軽いカラメル、ロースト感。
少し重めの口当たり。
軽い酸味が流れた後、甘さとほろ苦さの合わさった和紅茶のような味わいが続く。
さらに鈍い渋みと旨味が加わり、重さの感じるコクを形成。
苦みと甘やかな塩味でフィニッシュ。
・余韻 なし
・ボディー なし
・苦渋 刺激的ではないが、重さを感じる程度にはある。
・雑味 軽い渋さと酸味が残るが、トゲトゲしさはない。





[総括]
品質的な部分ではリゼの紅茶と大差はありません。
ただ、個性でみると結構異なる点があって面白いですね。

1ロットだけでの比較になりますが、このトラブゾンというのは発酵度が強め、味わいも苦みが少し目立ちます。
リゼの方が香りが高く少し清涼感があるのですが、こちらは少しカラメルっぽい。
そこに木っぽさが入ってくるので雰囲気は和紅茶っぽくなっています。

手法というよりは気候の違いによるものな気がしますね。
リゼは山間にあり比較的涼しいのですが、トラブゾンは暖かめで高温多湿。
なんとなく和紅茶っぽい味な点に納得がいきました。

うっすいセイロンティーみたいなリゼはトルコチャイ式の飲み方に適していると思いますが、
ちょっと甘苦く重いトラブゾンではあまりオススメできないですね。
トルコのお茶を産地まで指定して購入するような機会が訪れることはなかなかないでしょうけれど、もしもリゼではなくトラブゾンのお茶を飲まれる際にはブロークンサイズの和紅茶に近いものとして見て扱うのが良いかなと感じました!



鈴茶堂 トルコトラブゾンチャイ2



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: