fc2ブログ

記事一覧

サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 2022

サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 2022
価格:260円/6g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6





サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 20223
商品説明:
使用品種は香駿。昨年よりも穏やかで軽やかな風味ながら、作り手らしい香味の軸はしっかりとしている。柔らかで芳しく、温かみのある風味が印象的。桜葉に似たすんとした爽やかな香りがある。








サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 20224

茶葉はこんな感じ。
香りはしっかり目に感じられる旨みのある火香、花蜜。茶葉の形といい、知らずに出されたら無焙煎の正山と勘違いしてもおかしくない印象。
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 20222

・寸評


やっぱり正山小種!



※詳細
トップノートはロースト感がメイン。ほどよくこんがりとした焼き菓子のような甘さと旨みに、枯れ葉の香ばしさ。
ミドルノートはチョコレートのような甘い香ばしさを伴う旨味のある火香がメイン。少し瑞々しさのある植物感が混ざっている。冷めてくると上品な花蜜の甘さが残る。
ベースノートはロースト感。
・トップ強、ミドル強、ベース中





[味]
サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 20221

・寸評


ちょい苦。



※詳細
風味は少しシャープな火香。戻り香は軽い焙じ香。
口当たりは滑らか。
塩味とほのかな甘味の流れとともに、苦味による重さを若干感じるトップテイスト。
ミドルでは酸味が合流しジューシーな甘苦さが形成。旨味も広がる。
少し重さのある苦渋でフィニッシュ。じんわりとした甘みが残る。
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 苦味は最初から、渋味は最後に出てくる。
・雑味 甘苦さが残る。





[総括]
香りについては文句なしですね。
火香がちょうどいい塩梅という感じです。醤油っぽくなるほど重いわけではなく、ほうじ茶と言えるほど軽くもない……チョコレートというのがしっくりくる香ばしさになっています。桜の葉というのはちょっと分かりませんが、植物感はありますね。

味わいはカジハラからリリースされたものに比べて若干重いですね。
飲みごたえという点においてはこちらの方が得られると思います。
しかしもともと浮いて見えていた渋味がより明確になっているだけでなく、香駿らしい「甘苦さ」が出てしまっているので、私の眼には若干野暮ったさがあると映りました。

g当たりで考えるとカジハラで売られている香駿の方が安い。
ということでコストパフォーマンスも加味すると少し評価は下がりますが、ロットとしての個性を楽しむことは十分できるお茶だと思います!

若干の苦味を除きたいのでやや温度を下げ、90度付近で淹れるのかおすすめです。



サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 香駿1st 2022

こんな方にオススメ!
中国紅茶の香りが好きな方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: