fc2ブログ

記事一覧

サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 2022

サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 2022
価格:270円/6g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや高 評価:★6.5





サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 20223
商品説明:
使用品種はべにふうき。李や杏仁を想起させる作り手らしい甘い花香に、べにふうきらしい渋味がバランス良く寄り添う。香りの終わりに、微かに野薔薇のような香りが鼻を抜ける。





今回のお茶は、サルトリイバラ喫茶室で購入した和紅茶の一つ。
どうも今年の梶原さんのお茶は盛況なようで、結構売り切れていますね。この記事を書いている段階でもうSOLD OUTでした。




サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 20224

茶葉はこんな感じ。
香りは花と桃香がバランス良く感じられる。
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 20222

・寸評


少し若い雰囲気!



※詳細
トップノートは蜜っぽい甘さを伴う、ウッディーな火香。
ミドルノートはボタニカル+フルーツ。明るい花と蜜に、クミンやオールスパイスを思わせるスパイシーさとウッディーさが混ざっていて生き生きとした香り立ち。冷めてくるとスズランのような清涼感と弱いスモモやリンゴを思わせる若いフルーツのニュアンス。
ベースノートはロースト感、果物の皮。
・トップ強、ミドル強、ベース弱





[味]
サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 20221

・寸評


ちょい尖ってる!



※詳細
風味は少し鰹節のような、ウッディーさが絡んだ枯れ葉。
口当たりは少しシャープ。
酸味とほろ苦さが、優しい甘味とともに流れるバランスの良いトップテイスト。
ミドルでは塩味と少々重さのある苦渋によって収斂味を感じられる。
ドライな感覚と塩気が少し辛みを残してフィニッシュ。
・余韻 なし
・ボディー フル
・苦渋 ドライなエッジとして渋味が残る。苦みはそれほど強くない。
・雑味 辛みとしてドライな後味がある。





[総括]
少々味わいに尖りがあるので、完成度的には若干低いところがあります。
ただこのロットはどうも結構挑戦的なものに思えますね。

梶原さんのセカンドは大体の場合どっしりとした苦渋があるのですが、このロットはちょっと軽め。
また、元々フルーティーさを前面に出すタイプの香り作りではないのですが、今回は花の方に寄っています。
ファーストフラッシュとセカンドフラッシュのギリギリ中間を狙ったような香りでとても複雑な個性を持っている点が良いと感じました。

渋味をちょっと抑えたいので4分くらいの蒸らし時間がいいかなと思います。

まだこれから変化を楽しませてくれそうで、2023年もチェックしていきたいと感じました!


サルトリイバラ喫茶室 梶原さんの芦北紅茶 べにふうき2nd 2022





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: