fc2ブログ

記事一覧

サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 2022

サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 2022
価格:330円/6g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★5





サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 20223
商品説明:
機械摘みで、発酵は昨年よりもややしっかり目。甘いリンゴのような甘香がして軽く穏やかな飲み心地のものと、重厚で渋味があり花のような残り香のするものをブレンドした。





今回のお茶は、サルトリイバラリリースの大石さんのべにふうき!
開店当初の味を再現することがコンセプトらしく、当代の大石さんのスタイル+先代のスタイルでブレンドしたようです。
機械摘みですが、わざわざ別の作り方をしてからブレンドしているので結構手間がかかっている様子。
どんなものに仕上がっているのか見てみたくて購入しました。


サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 20224

茶葉はこんな感じ。
香りはかなりドライな香ばしさ。
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 20221

・寸評


甘酸っぱさがメイン!



※詳細
トップノートはシャープな香ばしさ。かなりドライな枯れ感があり、ウッディーさと蜜のような甘さを伴っている。
ミドルノートもシャープ。サンザシを思わせる甘酸っぱいニュアンスと、上品なランの花香が感じられる。冷めてくると紫蘇を思わせるハーブ香に変化。
ベースノートはロースト感、樹皮、ドライフルーツ。
・トップ中、ミドル強、ベース中





[味]
サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 20222

・寸評


比較的重い!



※詳細
風味はウッディーさが強めな枯れ葉。少々ボタニカルさがある。
口当たりは瑞々しい。
塩味と酸味が流れた後、ほろ苦さと旨味が続く。
ミドルではやや重めの渋味が現れ、甘やかな塩味と重なってコクを感じられる。
雑味はありつつ、後味にも旨味がしっかり残る。
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 重すぎないが、存在感はある。
・雑味 ドライな口当たりが残る。





[総括]
香りはフルーティーさと花がバランス良く感じられますね。
ファーストフラッシュですが若々しい印象は弱く、むしろセカンド的な雰囲気を出しています。
一応ハーブっぽさがあるのでそこがファーストフラッシュらしさと言えるでしょうか。
複雑な香りを楽しむことができる点が魅力的です。

味わいはファーストフラッシュとしては若干重めですね。
甘苦さと渋味が微妙にあってちょっと野暮ったいかな?
苦渋自体がネガティブというわけではないので、雑味が残るせいというのがあると思いますけれど。
多分香駿でここまで発酵度を強くしたら苦すぎるでしょうし、渋みがほどよく感じられるのはべにふうきの良さだと思います。
また、旨味が強いので全体的な飲み心地としては悪くないのが嬉しいですね。

キレのある紅茶を求める場合には合わないかもしれませんが、確かに昔風の和紅茶の趣を感じられるので、そういうものを求める方は気に入るかも!
ちょっと重いですがバランスは悪くないのであまり弄りたくはないところ。短めにしても4分半〜40秒でしょうか。
割り切って3g3分とゴールデンルールに乗っ取るのも良いかと思います。



サルトリイバラ喫茶室 大石さんの対馬紅茶 べにふうき1st 2022




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: