fc2ブログ

記事一覧

青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み2022

青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み2022
価格:900円/30g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並~やや高 評価:★6





青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み20223
商品説明:
使用品種はべにふうき。スパイスと砂糖漬けの柑橘類、爽快感も感じられる。上品でほどよい渋みと甘い滋味を感じられる。





今回のお茶は、青鶴茶舗リリースの梶原さんのべにふうきオータム!
毎年チェックしているので今回も試してみることにしました。





青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み20224
茶葉はこんな感じ。
香りは少しごぼうっぽいワイルドさと、蜜っぽい甘さと香ばしさ。
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分蒸らしました。





[香り]
青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み20222

・寸評


濃い香ばしさ!



※詳細
トップノートは円熟感を伴う甘さと香ばしい火香。
ミドルノートはごぼうを思わせる土っぽさ、ドライな枯れ感、微かなボタニカルさ。黒文字のようなスパイシーなウッディーさが続き、冷めてくるとカラメルの濃い甘さが広がる。
ベースノートはドライな枯れ感、樹皮。
・トップ中、ミドル強、ベース中





[味]
青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み20221

・寸評


良くも悪くもオータム的!



※詳細
風味はカラメル感の強い香ばしさ。ウッディーさを伴う枯れ葉。
口当たりはヘビー。
ほろ苦さを伴う、ずっしりと重い苦渋と甘味が濃厚な味わい。
ミドルでは酸味と塩味が流れてややシャープな切れ味。
渋みが軽く入り、甘苦さでフィニッシュ。後味はドライな甘み。
・余韻 なし
・ボディー ミディアム
・苦渋 苦味は前に出てくる。渋味はきつくない。
・雑味 後に残るエッジ+苦さが少々エグイ。





[総括]
典型的な重発酵型の紅茶という印象を受けます。
香りはフルーツや花に乏しく、木とカラメルが主。
強度はしっかりしていますがいまひとつ色彩には欠けますね。

味わいの方は苦みが前に出ている点がややマイナスですが、渋みはきつくない点が好印象ですね。
甘味がなかなか強いため、雑味はあってなおバランスは崩壊していません。
淹れ方でカバーできるので悪くはないという感じですね。

私のおすすめは時間は変えずに温度を90度に下げて5分蒸らしですね。アッサムほど苦味が強烈ではないので5度で十分。
香りは若干明るく変化、ただこれでもフルーティー!という感じではありませんね。
前の方に居座っていた苦味が後ろに下がってマイルドな甘味がメインになります。しかし後味はほんのりビターなので緩急も付きます。ダージリンのオータム的な味に、べにふうきらしい苦みがプラスされたような味わいを楽しめます!



青鶴茶舗 芦北紅茶 べにふうき 秋摘み2022

こんな方にオススメ!
こってりした飲み心地の和紅茶が欲しい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: