fc2ブログ

記事一覧

辰翼茶荘 岩茶佛手

辰翼茶荘 岩茶佛手
価格:600円/8g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★5





辰翼茶荘 岩茶佛手3
商品説明:
使用品種は佛手。産地は武夷山・悟源澗、焙煎度は中火。
禅を連想させる岩茶で、一般的な岩茶のような濃厚さはなし。清新さっぱりと上品。独特な梨のような香りがある。




今回のお茶はいただき物の岩茶。
初めて飲む品種になります。
仏の手みたいな形だとか、佛手柑という果物みたいな香りがするから名付けられたようです。




しっかりと火の入った香ばしさがあります。
茶葉を1g量り取り、洗茶。その後湯量20mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラスしました。






[簡易評価]
辰翼茶荘 岩茶佛手

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
乾いた木、割り箸のような雰囲気のウッディーさが目立つ香り。ロースト感はおとなしめで、素朴な樹皮っぽさが香る。
風味は深めの炭火だが強度自体はそれほどなし。
口当たりは滑らか。余韻はなし、ボディーはフル。
酸味がメインで甘味は控えめ。とろんとしたマイルドさで通っていくトップテイスト。ミドルでは塩味と苦渋。若干ドライなフィニッシュ。後味にはミネラル感が存在感残す。

・2煎目:抽出時間30秒
香りは少しシャープなウッディーさ。微妙に甘く線香っぽいニュアンス。
口当たりは柔らか。ボディーはミディアム。
穏やか酸味とそれを包む甘味が感じられる上品な味わい。渋味による小ざっぱりとしたフィニッシュ。後味にはミネラルの甘みと旨みを感じる。

・3煎目:抽出時間40秒
香りはウッディーな炭火。少し線香っぽいニュアンス。
口当たりは瑞々しい、ボディーはミディアム寄りのライト。
甘味と塩味の感じられる穏やかなトップテイスト。ミドルでは目立つ酸味が流れるため、飲みの心地は軽い。酸味と塩味によるジューシーさを感じた後、渋みが残るさっぱりとしたフィニッシュ。後味にはミネラルの甘みが残る。

・4煎目:抽出時間50秒
香りはドライなウッディーさ。
口当たりは瑞々しい、ボディーはライト。
味はほとんど抜け、甘やかな口当たりがあるという程度。酸味と渋みがほどよく残る。

・5煎目:抽出時間60秒
香りは少し香ばしい。
ボディーは無くなった。
瑞々しく少し甘いお湯。軽い酸味と渋みが残る。






[総括]
火香が落ち着いているものの、個性が掻き消えているように感じますね。
微妙に植物っぽさはありますが、梨というのはよくわかりませんでした。

香りや飲み心地は穏やかではあります。
飲んだ時に感じた印象としては、強いて水仙に似たような味ですね。
ただ味の芯が細めで若干シャープ、フィニッシュに爽快感があります。

爽やかさを求めるのであれば合う商品だと思います!




・香り(1~3煎目)
辰翼茶荘 岩茶佛手1




ちょっとシャープ。






・味(全体評価)
辰翼茶荘 岩茶佛手2




こざっぱりとしている。










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: