fc2ブログ

記事一覧

HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 2021

HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 2021
価格:1512円/15g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや高 評価:★6~6.5





HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 2021
HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 20211
商品説明:
使用品種は蜜蘭香。三次火仕上げ。ラズベリーやライチのようなフルーツ系の香り。



[抽出条件]
茶葉は1g量り取り、湯量20mL、熱湯で多煎抽出。洗茶を1煎目の前に行い、1煎ごとに15秒蒸らし。



[簡易評価]
HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 20212
※詳細
・1煎目:抽出時間15秒
カラッとした軽い火香と共に熟したフルーツを思わせる香り。ほんのりと蓮の花のようなニュアンスはあるが花よりも円熟感が目立ち、ラズベリーやライチを思わせる。
風味は強くフルーティー。
口当たりはパワフル。余韻はなし、ボディーもなし。
甘味と酸味、塩味による分かりやすい主張を感じるインパクトのあるトップテイスト。
ミドルでは旨味と渋味が感じられコクがある。
残る渋味に弱いミネラル感が絡んで感じられる。

・2煎目:抽出時間15秒 
軽い火香が先行し、甘酸っぱいブドウやライチのようなフルーティーさが続く。円熟感がより目立つようになった。
口当たりはマイルド。
甘味、塩味、酸味だけでなく微かなほろ苦さも合わさって、濃厚な味わい。
ミドルでは塩味と酸味混じりの旨味による少しシャープな感覚。エッジとして渋味が残る。
後味は若干のミネラル感。

・3煎目:抽出時間15秒
ドライな火香にほんのりと果物の皮、花蜜のようなニュアンスが付いて感じられる。
口当たりは優しめ。
少し落ち着き、甘やかな塩味を感じられるトップテイスト。ミドルでは酸味と苦渋が弱くあってコクを作っている。渋味と共に微かなミネラル感が後に残る。







こちらは蜜蘭香の飲み比べのために手に入れたものの一つ。
前にレビューしたNo.1は2回焙煎して作られたもので、こちらはさらにもう1回焙煎がなされているという違いがあります。


バランスの良いNo.1のフルーツと花の割合を5:5とするなら、このNo.2は8:2でフルーツに寄っているという感じです。
何よりも風味が強力で、口に含んだ時に感じるフルーティーさが圧倒的に強い!
焙煎がより多くされているため、香りのコンディションがNo.1ほどパーフェクトではないように感じました。
HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 20213


味わいもちょい逆立っていますが、質としてはNo.1とほぼ同等。
若干旨みが前に出ているかな?パンチが強めで雑味があるな?というくらいの差です。
HOJO 鳳凰単叢蜜蘭香 濃香 No.2 20214


荒々しいわけではないので今飲んでも良いですが、こいつはもう少し寝かせた方が美味しく飲めそうだと感じました!




[予想飲み頃]
2024~2029年



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: