fc2ブログ

記事一覧

喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity

喫茶去一芯二葉 ネパール2022ウィンターフラッシュ ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity
価格:1880円/25g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★5.5


喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity
喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity1
商品説明:
クローナル品種特有の果実味が魅力。黄桃やマンゴーの様な風味で、まるでフルーツジュースかと見紛うばかりのフルーティな味わいの可憐なウィンターフラッシュ。




[抽出条件]
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分蒸らし。


[香り]
ローストした麦を思わせる香ばしさと、グレープフルーツのような少し若さのあるフルーツの香り。
ミドルノートはブドウを思わせるフレッシュな果実香、焼けたウッディーによる芳しい香り立ち。冷めてくると、菊やペチュニアのような少し若い花のニュアンスを感じる。さらに冷めるとフルーツジャムのような甘さが出てくる。
ベースノートはドライなウッディーさ、果物の皮。

[味]
風味は円熟感のあるフルーツとウッディーな香ばしさ。
口当たりは瑞々しい。
甘味、酸味、渋味が小気味よく流れるトップテイスト。
ミドルでは少し凝縮感が生まれる。
鈍いミネラル感が広がり、軽いエッジでフィニッシュ。





こちらは一芯二葉がリリースしたジュンチヤバリのうち、冬のロットですね。
フレッシュやシャインでもフルーティーさは感じられたので、わざわざ名を冠するということはそれ以上の果実感に期待できるということでしょう。


淹れてみると確かにフルーティーですね。
冷めきるまで待つと円熟感が満ちますが、全体的な雰囲気は割と若々しいというのがちょっと意外でした。発酵度は比較的弱めという印象ですね。そのおかげで花のニュアンスもあり、かなり複雑なキャラクターを楽しむことができます。
喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity4


味わいは軽めですね。オータムのフレッシュよりもさらに軽い。
エッジがあるのは、おそらくP312かT78辺りのクローナル由来と思われます。
雑味が少ないのはポイントが高いですが、主張も深みも、ちょっと足りない。
せっかくの良い完成度ですが、味のノリが今一つな点が惜しい。
喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity2


悪くないお茶なので高温でももちろんOK。
しかし、香り・風味が強く雑味が少ないという特性から水出しには大いに向いているロットだと感じます。
Shineとかだとどうしても渋みが前に出ちゃいますからね。利用価値は十分あると感じました!





喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT・Fruity3




こんな方にオススメ!
水出しに向く紅茶が欲しい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: