fc2ブログ

記事一覧

茶の穂 天遊峰老欉水仙2022年 伝統型足火

茶の穂 天遊峰老欉水仙2022年 伝統型足火
価格:1250円/5g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや高 評価:★7.5




茶の穂 天遊峰老欉水仙2022年 伝統型足火3

商品説明:
使用原料は樹齢50年以上の水仙、焙煎度は足火。穏やかで深みのある味わいと幽玄な雰囲気が特徴。華やかさはほとんどなし。



[抽出条件]
茶葉を1g量り取り、洗茶。その後湯量20mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラス。



[簡易評価]
茶の穂 天遊峰老欉水仙2022年 伝統型足火

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
強力な焙煎香。若干ダークだが、奥の方にカラメルのような甘さがある。
風味は焼けた香ばしさ。
口当たりはまろやか。余韻はなし、ボディーはフル。
塩味が優しい舌触りで感じられ甘やか。まとまった雑味でフィニッシュ。後味には厚みのあるミネラル感が残る。

・2煎目:抽出時間30秒
ガッツリとした焙煎香。ダークなニュアンスがちらつきつつ、こんがりとした炭火の旨みが感じられる。
口当たりはまろやか。ボディーはミディアム。
やや尖りのある塩気があり、ベースにはマイルドな甘味。軽い雑味の後濃いミネラル感が残る。

・3煎目:抽出時間40秒
若干スパイシーな甘さを感じるロースト香。
口当たりはまろやか。ボディーはミディアム。
若干の酸味によるほどよくシャープな飲み心地。渋味によりフィニッシュ。後味にはミネラル感が残る。







こちらは比較用の水仙。
2022年産、しかも非常に火の強い足火なので今飲むものではないだろう……とは思うのですが、まあせっかくなので。
一度飲んでみないことにはどれくらい寝かせるべきかも分かりませんし、つい最近詰められたものなら、あとでしっかり封をすれば誤差みたいなものでしょう。


香りは強力な焙煎香で正に足火といった感じです。
ただし焦げた様子はなく、奇麗に火が入っていますね。
茶の穂 天遊峰老欉水仙2022年 伝統型足火1


強い火入れによって味が均されたというのもあるでしょうけれど、甘味や酸味といった主張が比較的弱く、ボディーの強さからくる飲み応えとミネラル感にスポットライトが当たっているような構成になっています。
茶の穂 天遊峰老欉水仙2022年 伝統型足火2


香りについては2021の中火と比較してもしょうがないですが、茶葉の質に注目してみると、若干こちらの方が上のように感じます。それで価格は据え置きなのでちょっとお買い得だと感じました。
苦渋や雑味は現時点で軽微。よって透明感が増すよう寝かせれば上等な陳年茶になることが期待できます。
あと3年は寝かせた方が良いでしょう。
前に紹介した2021中火をとりあえず楽しみ、なくなるころに足火に手を付け始めるというのが良いかと思います。



[予想飲み頃]
2026~2030年






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: