fc2ブログ

記事一覧

TeaBridge 迎香紅茶 2018

TeaBridge 迎香紅茶 2018
価格:1200円/15g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★5




TeaBridge 迎香紅茶 2018
TeaBridge 迎香紅茶 20181

[抽出条件]
茶葉量1.0g、湯量20mL、熱湯の多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラス。



[簡易評価]
TeaBridge 迎香紅茶 20182

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
トップノートはドライな枯感。ウッディーさと飴っぽい甘さがメイン。サンザシのような甘酸っぱさがありシャープな雰囲気。冷めてくると明るい花蜜の香りが残る。
風味はウッディーさと軽い陳年感。
口当たりは穏やか。余韻もボディーもなし。
酸味と甘味が溶け合ったような、穏やかで甘酸っぱい味わい。渋味が少し重たげ。若干辛味のあるフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間30秒
火香と共に濃いカラメルのニュアンスを感じる。冷め始めると焼けたウッディーさが目立ち、ランの花が続く。
口当たりは穏やか。
穏やかな甘味と軽い塩味、酸味、渋味を感じる。若干ピリつく雑味あり。

・3煎目:抽出時間40秒
スミレのような爽やかな花と花蜜の甘さ。ドライなウッディーさが残る。
穏やかだが厚みの抜けた口当たり。
ほんのりとした酸味の後と刺激のない渋味による重さの後、塩味がわずかに感じられる。







積み茶の消化です。
こちらは4年くらい前のイベントで購入したものです。
ほとんど中国・台湾茶を飲んでいなかったので、見慣れぬ品種の紅茶に強く興味を惹かれたのが決め手だったと思います。
ならさっさと飲めばいいのに……と今更ツッコミたくなります。
そして、迎香自体今なおほぼ飲むことがないので、結局どんなお茶なのか全然わからないのですよね。


キャラメルのような甘い香りと、ウッディーさや花、フルーツ……。
かなり複雑で変化のある香りですね。
台湾というよりはセイロンやインドのような華々しい個性の香りになっています。
3TeaBridge 迎香紅茶 2013


時間が経っているため口に入れた時当たり方がかなり穏やかですね。
しかしフィニッシュ付近に辛さのある雑味が残るのでそこは惜しい。
TeaBridge 迎香紅茶 20184


他の迎香についてはよく分かりませんが、このロットに関して言えば
・甘味が穏やか
・後味の雑味が強い
・香りは華やか
とダージリンのP312のような個性を感じました。温度での複雑な変化がより分かりやすいというのもあり、多煎抽出だけでなく1煎出しで飲むのも合うと思いました。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: