fc2ブログ

記事一覧

喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial

喫茶去一芯二葉 ネパール2022ウィンターフラッシュ ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial
価格:1080円/10g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★7~7.5



喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial3
喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial4

[抽出条件]
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分。


[香り]
トップノートは完熟フルーツを思わせる芳醇な香気を帯びた火香。
ミドルノートはブルーベリーのようなニュアンスのフルーツ、樹皮、枯れ感。ボタニカルさと、ブランデーを思わせる華やかな果実と蜜っぽさが残る。
ベースノートは炒った豆のようなロースト感、樹皮とジャムのようなフルーティーさからくるクローナルムスク。

[味]
風味は完熟フルーツとウッディーさ。
口当たりは少し硬め。
まろやかな甘味が広がり、酸味と渋味が続く。
ヘビーに渋さが残り、重みを感じフィニッシュ。
旨みのあるミネラル感が非常に強く、濃厚な後味。






今回のお茶は、一芯二葉が間をおいてリリースしたジュンチヤバリ茶園のスペシャル「ハンドロールド」。
もともと香り高さがウリですが、冬なのでスパイシーさも備わっていてGHRHT等級に近いロットに仕上がっているということです。


香りですが、これは流石という感じですね。
高温でも冷めても、非常に香り高い!
独特なフルーツの香りがあり非常に円熟感が強く、樹皮のニュアンスもあってリッチな雰囲気を持っています。
喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial7




飲んでみても、やはり凄い。これほど濃厚な味わいの茶葉が取れるところは稀有。
原料の質が圧倒的で、分厚い飲みごたえには感動を覚えます。
ただ、その質の高さに助けられ過ぎている面もあるかもしれません。
ちょっと発酵させすぎな印象。甘みが負けていて、結構渋く雑なところがあります。
おそらくジュンチヤバリ・オリジナルを含めた2〜3種のクローナルを使っているのだと思いますが、バランスが噛み合わなかったのかな?と感じました。
喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial8





完成度がやや劣るのが個人的には引っかかるので、評価はオータムShineの方が上。美味しさも同様ですね……現時点では。
そこそこ火が強いのは香りでも風味でも分かりますし、味が荒れているのでまだ飲み頃ではないというのが私の見立て。
余韻が素晴らしいのである程度時間をおいても美味しさはあるでしょうし、熟成には期待が持てると思います。もっとも、香りが劣化すると困るので長期間が正解とは言いにくい所ではありますが。

しかし、他の追随を許さないインパクトの強さには目を見張るものがあるのは間違いありません。
私のおススメは4分。香りも風味も充分出て、重さは解消されます。……ドライな渋さは残りますけれど。
少量故に手に取りやすい価格なので、スペシャルティーを試してみたい方にはオススメできます。










喫茶去一芯二葉 ネパール2022WF ジュンチヤバリ茶園HRHT WinterSpecial9

こんな方にオススメ!
ジュンチヤバリのスペシャルティーを飲んでみたい方!

[予想飲み頃]
2023年6~9月

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: