fc2ブログ

記事一覧

TeaBridge 祁韻紅茶 2022

TeaBridge 祁韻紅茶 2022
価格:1200円/10g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや低 評価:★4.5




TeaBridge 祁韻紅茶 2022
TeaBridge 祁韻紅茶 20221

[抽出条件]
茶葉量1.0g、湯量20mL、熱湯の多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラス。



[簡易評価]
TeaBridge 祁韻紅茶 20222

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
トマトや未熟なリンゴを思わせる若いフルーツ。ドライな枯感が続く。冷めてくるとメローな甘さとウッディーさ。
風味はかなりウッディー。やはりトマトっぽい青みあり。
口当たりは瑞々しい。余韻もボディーもなし。
軽い甘味と渋味を感じ、ドライなざらつきが残る。後味には少し塩味。

・2煎目:抽出時間30秒
香りはカラメルの甘さとウッディーさ混じりの焼けたようなロースト感。トマトと少々ハーブっぽい香ばしさ。
口当たりは瑞々しい。
軽い甘みを帯びた塩味が流れるトップテイスト。ミドルでは鈍い渋みを感じられ、酸味と合わさってエッジとなり消えていく。後味に塩味が残る。

・3煎目:抽出時間40秒
香りはロースト香と微妙な穀物、枯れ葉。
口当たりは瑞々しい。
軽い酸味と塩味の後、甘味が現れ弱いコク。エッジによりさっぱりとしたフィニッシュ。







こちらは台茶23号、祁韻を使った紅茶です。
台湾版祁門という触れ込みだったりしますが、個性はシトラス系らしい。
売られている祁門は基本火が強いので実際の個性がどこまで似ているのかは分かりませんが、シトラスという時点で別物な気がしますね。


風味と香りは正直イマイチで光るものはないかな……という感じです。
紅玉や紅韻のようなハッキリとしたキャラクターはなし。一応トマトっぽさがあるのでフルーティーと言えばフルーティーではありますが……。2年前に飲んだGABA加工された変な祁韻と照らし合わせると、青み・果実系が個性とは言えそうです。
TeaBridge 祁韻紅茶 20223



味わいはアッサム系の品種と異なるかなり軽めでさっぱりとした感じ。
渋みがエッジとして好印象に受け止められるので、烏龍茶種を紅茶化したものよりキレがちゃんとあるように思います。
ガッツリとした火の入りも茶葉のカットもないので、祁門紅茶とは別物だと思います。
どちらかというとニルギリが近いのではないだろうか?
TeaBridge 祁韻紅茶 20224



このロットですが、味だけ見ると結構良い感じです。
バランスが良く、煎持ちも申し分なし。新品種を試してみたい、というニーズに応えるためのものとしては十分過ぎる質だと思います。
逆に香りに手探り感のある感じなので、個人的にはちょっとハマりませんでした。

烏龍茶の状態で飲んだ時は結構パワーがあると感じたので紅茶になったらさぞかし……とイメージをしていたのですが、そうでもなかったみたいです。むしろ、フレッシュなキャラクターなので高発酵には向いていないように思うのですよね……。
烏龍茶風や、ダージリンファーストフラッシュのグリニッシュ型にする方が良いのではないか?と感じました!









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: