fc2ブログ

記事一覧

茶の穂 慧苑坑老樹梅占 2022

茶の穂 慧苑坑老樹梅占 2022
価格:1250円/5g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★8




茶の穂 慧苑坑老樹梅占 20223

[抽出条件]
茶葉を1g量り取り、洗茶。その後湯量20mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラス。



[簡易評価]
茶の穂 慧苑坑老樹梅占 20222

※詳細

・1煎目:抽出時間20秒
ドライな香ばしさとはっきりとしない花混じりのカラメルのような甘さ。上品な炭火のロースト感が続き、ほんのりシャープな円熟感が残る。
風味は少し海藻、炭火の香ばしさ。
口当たりはまろやか。ボディーはフル。
とろんととした舌触りで旨味と塩味が流れるエキスのような印象。エッジをほどよく感じつつ、ミネラルによる非常にふくよかなフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間30秒
こんがりとした炭火の香ばしさに、少しだけ梅のようなシャープさが絡んで華やか。
口当たりはまろやか、ボディーはフル。
塩味と酸味がわずかに感じられる主張の大人しい味わい。旨味と分厚いミネラル、共に軽い渋味がエッジとして残る。後味は甘い。

・3煎目:抽出時間40秒
炭火と甘いカラメルのニュアンス。
ロースト1.2スイート1.2
口当たりはまろやか、ボディーはミディアム。
穏やかな酸味と塩味に、じんわりと渋味が続いて重量感がある。後味にミネラル感がしっかり残る。







こちらは名産地の梅占です。
産地が良いだけではなく、岩茶において比較的樹齢の高い平均45年程度の茶葉を用いているようです。
紅茶や単なる梅占烏龍茶は飲んだことがありますが、岩茶はこれが初めてになります。


飲んだ第一印象はかなり地味ですね。
香りにも味にもこれといった個性を感じません。一応ほんのちょっと梅っぽいニュアンスがあるものの、肉桂などでも出せそうな火の扱いによるものという印象が強いですね。
面白さという点では少々弱いと言えます。
茶の穂 慧苑坑老樹梅占 2022


しかし、質の方に目を向けるとこちらは強いですね。
まだまだ火が強いので若干荒さはあるものの、雑味が極めて少ないのが印象的です。
また、主張がほとんどなく、重量感を残す渋みがある程度。
強力なボディーとミネラルを楽しむことに焦点を置いた、高級茶らしい構成になっています。
茶の穂 慧苑坑老樹梅占 20221



個性がほぼないことで、逆に正岩茶というカテゴリーの美味しさというものをピュアに楽しめるお茶と言えます。
突出する部分がないものの、欠けているものもなし。
飲み飽きない完成されたな烏龍茶だと感じました!



[予想飲み頃]
2024~2025年



スポンサーサイト



コメント

No title

そう云えば熊本八女市の女性に
静岡のお茶には八女茶が少し混ぜてあると
聞いたことがあります 真偽のほどはわかりません

混ぜてあると云っても そもそも
一部地域なのか全般そうなのか?わからない
此のことについてどう思われますか?
(●^o^●)

Re: No title

こんにちは、コメントありがとうございます!


食品表示法の話であれば静岡茶という触れ込みで福岡県の茶葉を混ぜたならただの産地偽装だと思います。
100%静岡県産でしか名乗ってはいけませんので。
が、「静岡茶ブレンド」という名なら配合割合の表示と範囲を守っているなら違法ではありません。


日本茶とか緑茶という名前で製品を出しているのであれば
別にどこの茶葉を使っていようが関係ありません。
静岡のメーカーが八女茶を使っていたとしても構わないですし、むしろ
静岡のメーカー=静岡県産茶葉しか使わないと思い込んでいる方が悪いという感じですね。


ただ、八女は産地として非常に有名な上に産地が極狭い範囲に限られるので、わざわざ静岡のお茶として売る意味がないと感じます。「静岡茶」という大雑把なくくりと「八女茶」なら、私は八女茶の方がブランド力が高いと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: