fc2ブログ

記事一覧

心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 2020

心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 2020
価格:864円/10g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6




心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 2020
心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 20201

[抽出条件]
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分。


[香り]
トップノートはサトウキビのような甘い香ばしさ。
ミドルノートは印雑の甘さがほどよく感じられ、ウッディーな香ばしさが続く。冷め始めるとメローな花蜜の香りが強まる。
ベースノートはアカシアの蜂蜜、甘露蜜。

[味]
風味は蜂蜜、若干ショウガのようなシャープなニュアンス。
口当たりは穏やか。
優しい甘味とともに、ほのかな酸味と塩気が流れるトップテイスト。
ミドルではエッジが入り、収斂味が残る。
ドライな塩気でフィニッシュ。





駄農園セットに2号がなかったものの、せっかくなのでそろえて試そうと思い心樹庵の方で調達しました。年は違いますが、グレードは似たようなものですし時期も一緒なので飲み比べにはなると思います。


香りや味の系統としては1号と大体同じで、単品で出されても「これは1号、これは2号」と断定することは私には無理ですね。
ロットや年度の差はさておき、2022年駄農園の森1号はかなり低発酵でこちらは比較的しっかり発酵が入っています。
そのため香りについて品種の違いを抽出してどうこう語れません。


香りとしては面白く、花が比較的出ています。
てっきり発酵度が高い=フルーティーさが良く出るのか思いましたがそうではないらしい。印雑のブドウ系の個性はむしろ低発酵の方が出るのかも?……という風には感じられました。
また、ハーブのような要素が甘い香りに絡んでアカシアのようになっているのも面白い。
しっかり発酵をする方が香りが活きるのが品種特性……とは言えるかもしれません。



香りについては煮え切らない回答ですが、味については分かりやすい個性を感じました。
どしっとした苦渋があってインド紅茶を思わせる雰囲気があります。
もちろん、森1号の方が発酵度が低いので渋味は少ないですが、発酵度が低いなら苦さは出ていても良いはず。
ここは品種の違いだろうと思われます。
心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 2020888




苦渋と言っても強すぎず、ほどよいバランスなのでちょうどいいですね。
豊かな香りと飲みごたえがあって良い和紅茶だと思いました!
心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 20203









心樹庵 手摘みPremium 牧之原紅茶 『森2号』 20202




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: