fc2ブログ

記事一覧

茶の穂 安吉白茶 2023

茶の穂 安吉白茶 2023
価格:680円/5g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6




茶の穂 安吉白茶 2023

[抽出条件]
茶葉を1g量り取り、湯量40mL、90℃での多煎抽出。蒸らし時間は1分ずつ。



[簡易評価]
茶の穂 安吉白茶 20231

※詳細
・1煎目:抽出時間1分
茹でた豆のような香ばしさと青柚子のようなフレッシュな香り。ドライな香ばしさと共にグリニッシュさが続く。
風味はフレッシュな青み、穀物の旨味、菊の花。
甘味と旨味をふんだんに備えた甘やかな味わい。軽い酸・塩気でフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間1分
豆のような香ばしさとほんのりレモンや花の混ざったグリニッシュさを感じる香り。
風味は青々しい。微妙に柑橘のニュアンス。
勢いは少し落ちた。フィニッシュはややシャープであっさりしている。

・3煎目:抽出時間1分
ドライな香ばしさに豆、花、若葉のニュアンス。
味の厚みはだいぶ落ち、旨味と塩気が僅かに主張し甘い雰囲気を作っている。さっぱりとしたフィニッシュ。







今回のお茶は、新茶の中国緑茶。
名前に白茶とついていますが別に白茶じゃないというやつですね。
白っぽい見た目のチャノキを利用したからこういう名前がついているらしい。


安吉白茶自体を飲むのは初めてですが、やっていることは「諸子沢の黄金みどり」や「八女の白星」と同じような感じですね。
旨味がウリらしいというのも共通しています。
このロットの見た目は奇麗な翡翠色。店によっては黄緑っぽいものもありますし、結構ばらつきがありそうですね。



香りは緑茶としては個性的だなと感じました。
釜炒りの香りはもちろんありますが、どちらかというと茶葉自体の個性が出ている印象。
雲南省のもののような穏やかなランの花ではなく、結構華やかに香ります。
花や柑橘が混ざりつつグリニッシュさもあるので、強度はもちろん異なりますがダージリンのファーストに近い雰囲気があると感じました。
茶の穂 安吉白茶 20232




味わいは甘やか。
余韻に乏しいものの、甘味や旨味の厚みがあって飲みごたえがありますね。
苦渋が一切ない点も甘さに寄った味わいになっている理由だと感じます。
茶の穂 安吉白茶 20233



飲みやすく価格も安めで気楽に飲めるのが嬉しいですね。フレッシュさ命なので当然飲み頃は今!中国緑茶の新茶を求める方にオススメです。




こんな方にオススメ!
華やかな香りの緑茶が飲みたい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: