fc2ブログ

記事一覧

ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-1

ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-1
価格:3564円/20g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや高 評価:★9




ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-12

[抽出条件]
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分。


[香り]
トップノートはドライな枯れ葉と青み。
ミドルノートは強い萎凋香。若干ランの花のような甘さがある程度。
カレーリーフやカルダモンのようなスパイシーさが続く。冷めてくると若葉のような青さが感じられる。
ベースノートも青々しい。


[味]
風味はグリニッシュ。カラッとした香ばしさとオリーブのようなニュアンスが戻り香に感じられる。
塩味と酸味を含んだ、穏やかな甘味を感じられるトップテイスト。
ミドルでは軽い渋さを感じつつ、濃いミネラルの甘みが広がる。
じわじわくる主張のある塩気が長く続く。後味は甘やか。





今回のお茶は、ロチャンティー・ジャパンがリリースしたジュンパナ茶園のファーストフラッシュ。
定番のEX-1ですね。
先にEX-2を飲んでいて、今年の出来は良さそうだと判断してEX-1も購入しました。
前までと大して価格は変わっていませんが、周りのダージリンがどんどん高くなっているので相対的に割安感があるのもいいなと感じました。


香りは……独特!
随分と攻めた構成だなというのが第一印象。
シャープな枯れ感+花っぽさ。そういうと「なんだ、ただのファーストフラッシュじゃないか」という感じですが、発酵感は極めて淡い。ほとんど発酵していないと言っていいレベルだと思います。
しかしかなり萎凋香が漂っていて緑茶っぽさはゼロ。つまり、極めて白茶に近い香りになっています。
チャイナなのでAV2を使用したときのバニラのような香りの強いダージリン・ホワイトではなく、雰囲気は福建省の白茶に通じるものがありますね。
ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-15




味わいは素晴らしい。
強力なボディーで主張が映えていて、かつ雑味がほぼなし。
白茶に近いだけあって苦渋もかなり抑えられていますね。
余韻の深さが抜群なので飲みごたえはバッチリです。
ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-13






作り方は紅茶でしょうけれど、キャラクターには紅茶らしさがないので好みが分かれるかもしれません。
その点を踏まえておけば出来栄えは極めて良好なので、上質なお茶を求める方にはオススメできるお茶になっています。
ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-1
赤いというより一部がときがら茶色というレベル。









ロチャンティー・ジャパン ダージリン2023FF ジュンパナ茶園EX-14

こんな方にオススメ!
白茶に抵抗のない方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: