fc2ブログ

記事一覧

茶の穂 政和明前白牡丹 2023

茶の穂 政和明前白牡丹 2023
価格:580円/5g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6.5




茶の穂 政和明前白牡丹 2023

[抽出条件]
茶葉量1g、湯量20mL、熱湯の多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラス。



[簡易評価]
茶の穂 政和明前白牡丹 20231

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
ドライな枯れ葉と共に萎凋香と、ほんのり爽やかなベルガモットとウッディーさを帯びた青み。小豆や枝豆のような香ばしさが感じられる。
風味は花のニュアンスを伴う枯感。
口当たりは瑞々しい。
甘味と旨味が感じられる甘やかなトップテイスト。軽い渋みの後じんわりとしたミネラルの甘みが広がる。

・2煎目:抽出時間30秒
ピオニーと穀物を思われる甘くドライな香ばしさ。新芽の旨みが続く。
風味は萎凋香。
穏やかな甘味が流れた後、さっぱりとした酸味が続く。じわりとミネラルの甘みが残る。

・3煎目:抽出時間40秒
枯感と共にきび砂糖のような淡い甘さを感じる。
風味はやや淡い紅茶のよう。
1煎目同様甘味と旨味がメイン。酸味や渋味はなくなり、後味は穏やか。







こちらは新茶の白茶。
新茶ではないもののインドの白茶を飲んだので、中国のものも飲んでみようということで試してみます。
飲んだことのある中国の白茶は専ら雲南省のものばかりですが、あちらはアッサム系の福鼎大白種を使います。福建省でつくられるこちらの白茶は使用品種が中国種系の政和大白種なので味が結構違うはずなのですね。



淹れてみると香りはとってもフレッシュ!
始めは青さと柑橘香、次に白茶らしい花、そして段々と紅茶のような円熟感が出てくるという感じです。
モルティーな要素が控えめな点が若々しさを強調しているように思いました。
茶の穂 政和明前白牡丹 20232



味わいは余韻が弱いものの、ボディーが強め。
苦渋が少なくマイルドな口当たりの茶液が広がるので飲みごたえが結構ありますね。
優しく甘やかな味わいでバランスも〇。
茶の穂 政和明前白牡丹 20233



茶葉の質だけで勝負するには少し心もとないですが、産地の個性と上手な製茶で美味しく仕上がった白茶だと思います。
たまには福建省の白茶を飲んでみるのも良いものだと感じました!







こんな方にオススメ!
新茶の香りを楽しみたい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: