fc2ブログ

記事一覧

鈴茶堂 蘭香甘露 2022

鈴茶堂 蘭香甘露 2022
価格:3197円/30g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:並 評価:★6




鈴茶堂 蘭香甘露 2022

[抽出条件]
茶葉を1g量り取り、湯量40mL、90℃での多煎抽出。蒸らし時間は1分ずつ。



[簡易評価]
鈴茶堂 蘭香甘露 20223

※詳細
・1煎目:抽出時間60秒
ドライな香ばしさにオーキッドのような、フルーティーさとハーバルな雰囲気の甘い花の香りが感じられる。奥の方に僅かに釜香。
風味はグリニッシュさと花。
口に含むと甘味と旨味の主張を感じる。苦味と渋味が出ていて少々荒い飲み心地、後味にほんのりミネラル感が残る。

・2煎目:抽出時間60秒
釜香にオーキッドが絡んだような華やかなキャラクター。少し青さのある百合の花のようにも感じられる。
風味は少し青い。
バランスは保たれたまま、一煎目から主張が落ちた印象。苦渋がダウンしたので飲みやすくなった。後味には鈍いミネラル感。

・3煎目:抽出時間60秒
ほんのりと残る上品なオーキッド。
味はほぼ出尽くして、少しミネラル感が残る程度。







今回のお茶はサンプルでもらった花茶です。
蘭の花自体は、香りのよく出た中国緑茶や烏龍茶などでは見られる個性なので、わざわざくっつける必要があるのだろうか?と思いますが、使用しているのは君子蘭というもの。
このお花、蘭という名前が付いていますがランの仲間ではなくヒガンバナの仲間のようです。ということは蘭香と言ってもナチュラルな蘭香とは毛色が違う可能性が高そうです。




香りの個性自体ははっきりしていますが、着香の強さは控えめ。これほどの花の個性は製茶でつけられるとは思いませんが、茶葉自体で香ってもおかしくないような雰囲気。あり得ないけど違和感のない上手に作ら鈴茶堂 蘭香甘露 20222
れた花茶だと感じました。



味わいは余韻もあってなかなか。
ただ、少々苦渋が出る点が惜しい。
旨みや甘みはちゃんとあり、蒙頂甘露の個性は感じられますね。
鈴茶堂 蘭香甘露 20221


花茶仲間で言えばジャスミンに近いですが、かなり甘め。
花の個性としては百合のように感じられました。
当然、メイグイ、キンモクセイなどとも異なる花の個性になっているため、君子蘭花茶も面白いと感じました。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: