fc2ブログ

記事一覧

マルジョウむらかみ園 さえあかり 20231st

マルジョウむらかみ園 さえあかり 20231st
価格:650円/40g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:高 評価:★6.5




マルジョウむらかみ園 さえあかり 20231st1

[抽出条件]
茶葉は1.8g量り取り、湯量135mL、95度で5分。


[香り]
トップノートは焼き菓子のような甘い香ばしさ。
ミドルノートはサザンカのような明るく甘い花香。ドライなウッディーさと微妙にスパイシーなニュアンスが続く。冷めてくると焼きリンゴのようなメローさを感じられる。
ベースノートはメープルシロップ。

[味]
風味は明るいカラメルのような香ばしさ。
口に含むと濃厚な甘味が感じられ、微妙に苦味を帯びた酸味が後に続く。
ミドルでは旨味と渋味によるコクを感じ、軽いエッジでフィニッシュ。僅かな塩気が残る。






今回のお茶は、マルジョウむらかみ園のファーストフラッシュ最後の一つ。
TOKYO TEA BLENDERS扱いのものしか飲んだことない、ちょっと珍しい品種の和紅茶ですね。
この品種自体は結構花香が出る印象。
説明に「花香のかおる紅茶」とあったので、一番楽しみにしていたものです。




茶葉の時点でこれだけちょっと雰囲気が違いますね。
在来、べにふうき、香駿は少しクリアーな感じですが、さえあかりだけカラメルのような濃い甘さがあります。
おそらくチャノキの育て方の違いなのでしょう。
後で見てみたら慣行栽培で作られたものということでした。


そんなわけで付加された甘い香りがありつつ、茶葉の個性はしっかりと感じられます。
比較的華やかな花香が香り、緑茶品種の大人しいランの花とは違って明るい雰囲気になっています。
また、火香が香駿ほど強くないのでバランスの良い仕上がりになっていると感じます。
マルジョウむらかみ園 さえあかり 20231st3




味わいは強い甘みがメイン。
和紅茶らしい苦さはあるものの、強すぎることはないのでバランスが良いですね。
甘さの主張が強めになっている香味なので飲みやすい点がGood。
上手く作られている割に価格も安く、万人向けの和紅茶だと感じました!
マルジョウむらかみ園 さえあかり 20231st2










こんな方にオススメ!
明るく甘やかな和紅茶が欲しい方!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: