fc2ブログ

記事一覧

What-Cha THAILAND `RED TIGER` OOLONG TEA 2020

What-Cha THAILAND `RED TIGER` OOLONG TEA 2020
価格:4.05ポンド/25g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや低 評価:★3




What-Cha THAILAND `RED TIGER` OOLONG TEA 2020

[抽出条件]
茶葉を1.5g量り取り、洗茶。その後湯量30mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラス。



[簡易評価]
What-Cha THAILAND `RED TIGER` OOLONG TEA 20201

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
こんがりとした香ばしさがメイン。ドライな枯感の中にわずかにカラントのような赤いフルーツを思わせるニュアンス。
風味はこんがり。
口に含むと淡白な甘み。
少し辛みのある雑味が残る。

・2煎目:抽出時間30秒
レーズンのような酸味とこんがりとした香ばしさ。ダークな枯感が続く。
風味は微妙にドライフルーツのような雰囲気を帯びた枯葉。戻り香は木。
1煎目よりも味が出て、マイルドな甘みを感じる。ただし、舌に残る渋さもある。

・3煎目:抽出時間40秒
微かにシャープなドライフルーツ。
味の主張はかなりダウン。
甘みがまったりとした口当たりを作っているという程度。







今回はたまたま見つけたサンプルでもらっていたウーロン茶。
ベトナムのものを少し前に飲んだので、ついでにタイのも飲んでみるかということで。
東方美人茶なども作っている、タイの中では名産地といえるチェンライ・メーサーロン産のもの。Choke Chamroen茶園、標高1350m……茶園まで書かれていますが、どういった場所なのかは詳しくはありません。
使用品種は金萱、2020年の春茶、発酵度は中~重、焙煎度は軽~中。
とりあえず、清香型でないことは確かです。




淹れてみると確かに香りはかなり火が強いですね。
一応フルーツっぽさはあるものの、高い温度での萎凋で加速度的に引き出した紅烏龍のようなスタイルではなく、強い焙煎で無理矢理捻り出したレーズンみたいな感じ。
なんちゃって木柵鉄観音という印象ですが、心地良さよりも苦しさのあるイメージで、紅烏龍茶としてはなんだかなというところ。
What-Cha THAILAND `RED TIGER` OOLONG TEA 20203





味わいは金萱らしい甘みはあります。
発酵によって重みがついているのもあって、形としては仕上がっているように思いますが、香りがイマイチ立ってないのが惜しいと感じました。
タイの烏龍茶を飲むのは久しぶりですが、ベトナムよりも少し味のノリがあるかなと感じました。
What-Cha THAILAND `RED TIGER` OOLONG TEA 20202








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: