fc2ブログ

記事一覧

TeaBridge 大葉紅烏龍 2022年冬茶

TeaBridge 大葉紅烏龍 2022年冬茶
価格:1500円/15g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや低 評価:★6




TeaBridge 大葉紅烏龍 2022年冬茶3

[抽出条件]
茶葉を1.5g量り取り、洗茶。その後湯量30mL、熱湯での多煎抽出。蒸らし時間は1煎目20秒。2煎目以降は10秒ずつプラス。



[簡易評価]
TeaBridge 大葉紅烏龍 2022年冬茶

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
焙煎香による香ばしさとウッディーさ、花蜜のニュアンスが合わさった甘い雰囲気の香り。冷めてくるとフルーツが熟したようなメローな香ばしさが目立つようになる。
風味は淡い蜜、ウッディーさ混じりの枯葉。
口に含むと旨味と甘味が舌の上跳ねるように感じれられるトップテイスト。ミドルでは薄い渋味が広がるものの、刺激はなし。塩味による穏やかなフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間30秒
スイートポテトや芋けんぴを思わせる甘い香ばしさ。発酵の香ばしさとともに枯葉とウッディーさが少しずつ感じられる。
風味は淡い烏龍らしい発酵の香ばしさ。戻り香にドライフルーツ。
口に含むと甘味と旨味によるマイルドな味わい。渋みはダウンして大人しい印象。鈍い塩味フィニッシュ。

・3煎目:抽出時間40秒
甘さとわずかな火によるメローな香ばしさ。
風味は淡い発酵の香ばしさ。
勢いは落ちたが甘味によるマイルドな舌触りと旨味が感じられる。鈍い渋さと塩気の絡んだフィニッシュ。







今回のお茶は、TeaBridgeの紅烏龍茶。
大葉烏龍は蜜香紅茶にも使われる品種なので、高発酵の製法のものとは相性がいいのでしょうね。



発酵と控えめな焙煎による絶妙な甘さ。
こんがりし過ぎずカラメルっぽくもない、みりんみたいな雰囲気。
紅茶のような力強さは要らないけれど、発酵の雰囲気だけ欲しくてそれだけを烏龍茶に盛り込んだようなキャラクター。
実際、口に含んだ時に感じる風味や味は紅茶のそれではなく烏龍茶っぽい。かなり発酵度は高いものの、酸味やほとんど苦渋も雑味も無いので、揉捻で強く引き出したのとは違う淡く繊細な雰囲気があります。
TeaBridge 大葉紅烏龍 2022年冬茶2




烏龍茶でも紅茶でもないその間を狙っていかないと作れないユニークなお茶ですね。
香りは甘いのでそこだけ見ると好印象ですが、ハッキリとした我の強さがあるわけではないので分かりやすいか?というと微妙なところではあります。気にせず飲んでいると、ちょっと発酵度の弱い紅茶くらいにしか感じないかも?
バランスや出来の良い仕事を見る感じなのでだいぶマニアックなジャンルのお茶だと思いますが、この商品はハードルの高さを超えてくる絶妙なロットだと感じました。
TeaBridge 大葉紅烏龍 2022年冬茶1








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: