fc2ブログ

記事一覧

台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味)

台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味)
価格:セット品 タイプ:リーフ コストパフォーマンス:不明 評価:なし




台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味)


[抽出条件]
茶葉は1.5g量り取り、湯量30mLで温度は100度。最初50秒、二煎目はマイナス5秒、その後一煎ごとに10秒ずつ増やし多煎抽出。



[簡易評価]
台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味) 2

※詳細
・1煎目:抽出時間50秒
ドライな香ばしさと共にランの花香が感じられる。
風味は淡いグリニッシュ。
口に含むと甘味が広がる。
旨味と共に少々渋みのあるミネラル感。
少々えぐみのあるフィニッシュ。

・2煎目:抽出時間45秒
菊とランの花のような、爽やかな青みと花香。
風味は明るい花。
穏やかな甘味が流れた後、旨みと共にドライな舌触りの渋さと辛みが残る。

・3煎目:抽出時間55秒
ほのかな花とトマトの葉のようなニュアンスの青み。
風味は淡い花。
穏やかな甘味の後、渋みや酸味の入り混じった雑味。







今回のお茶は台湾茶のスペシャリストまうぞうさんがプロデュースした企画のお茶。
凍頂のコンテストに出品するつもりだったが、タイミングの問題で残ったものを飲み比べセットにしてリリースされたものになります。
これは2023年5月25日製茶、産地は梅山郷科子林、標高1100m。
焙煎前の茶葉で、あえて完成品まで持っていていないものなため、評価は割愛します。




花香がしっかり香っていて個性は十分な印象。
質もなかなかに良いのですが、あまりにも雑味が強い!
このまま飲むのはキツイものがあります。
台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味) 3
台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味) 4



茶葉を見てみると、ガチガチのゴワゴワというほどではないものの、微妙に茶葉が硬いです。
茶葉の摘むタイミングが遅めで老化しているというよりも乾燥している?
製茶不良という感じもなく、むしろ発酵はしっかりされていると感じます。
おそらく、萎凋時間が長めに取られて水分量が少なくなり、硬めになっているのかなと予想いたしました。
台湾セレクション 梅山科子林烏龍茶(原味) 1

ネガティブな要素がたくさんですが、それだけ元々持ってる味わいは豊かなので、火にかけると化けるかもしれないですね。











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: