fc2ブログ

記事一覧

香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片2022

香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片2022
価格:1680円/30g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや高 評価:★6



香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片20225

香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片2022

[抽出条件]
茶葉は1g当たり湯量20mL、熱湯で多煎抽出。洗茶を1煎目の前に行い、1煎ごとに15秒蒸らし。



[簡易評価]
香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片20221

※詳細
・1煎目:抽出時間15秒
ドライな枯感の後、穏やかで甘いランの花やミルクのニュアンスを伴うグリニッシュ。
風味は明るいランの花、ミルキーな青み。
口に含むと厚みのあるふくよかな甘味を感じる。
酸味を伴う軽い渋味が続き、ややドライな舌触りでフィニッシュ。
後味に塩気。

・2煎目:抽出時間15秒
軽い火香にミントのような清涼感のある青さと乳香。
風味はほんのりミルキー。
マイルドな甘味はそのまま。
旨味が抜けて酸味がアップした。フィニッシュはシャープ。

・3煎目:抽出時間15秒
ほんのり乳香を帯びた、グリニッシュな香ばしさ。
主張は弱くなってきたが、豊かな口当たりはそのまま。
甘味が強めのミネラルウォーターという印象。
フィニッシュに酸味。







今回のお茶は鴨屎香の冬片。
意味は一緒なので屎でも糞でもどっちの表記でもいいらしい。
食品に糞というのはちょっとヤな感じなので、私は屎の方がいいかなと思います。
取れやすいのか、シーズンとの相性がいいのか単叢の冬片の中では比較的よく目にする気がします。
取れた場所は標高800m、樹齢は80年程度です。



火の入りがかなり控えめですね。
円熟感が少なく香りはかなりミルクっぽさが目立つほか、グリニッシュなのが印象的です。
香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片20222




味わいは冬のお茶らしい甘味の強さが魅力。
ただ、火の影響が少なく茶葉の個性が見えやすくなっているからか、酸味がだいぶ目立つ烏龍茶だと感じます。
香茶房京都 鳳凰単叢 鴨糞香 冬片20223




香り立ちはまずまず、味わいは余韻こそさほどないものの、しっかりとまろやかな味わいが楽しめる点はGood。
香りも比較的安価で優秀な商品だと思います。
雄大さを盛り込んだ草いきれとミルクの香りで、小岩井の広々とした農場をイメージさせるお茶でした。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: