fc2ブログ

記事一覧

HOJO 古樹白茶 腊把塘 2023

HOJO 古樹白茶 腊把塘 2023
価格:セット品 タイプ:リーフ コストパフォーマンス:高(セット価格) 評価:★5.5~6




HOJO 古樹白茶 腊把塘 2023
HOJO 古樹白茶 腊把塘 20231

[抽出条件]
茶葉1g当たり湯量20mL、熱湯で多煎抽出。1煎目は20秒、以後は1煎ごとに10秒プラス。



[簡易評価]
HOJO 古樹白茶 腊把塘 20232

※詳細
・1煎目:抽出時間20秒
キョウチクトウのようなパウダリーな白い花とドライな香ばしさ。
フェンネルようなスパイス。
風味は淡い甘さ。
口に含むとマイルドな甘味が感じられる。
その他の主張はほぼない単純な構成。
後味に甘やかなミネラルが残る。

・2煎目:抽出時間30秒
レモンのような爽やかな香り、ピーマンの青さ、萎凋による甘い香ばしさ。
風味はほんのり甘い香ばしさ。
クリアで淡白な甘味が流れる。
後味にミネラル感。

・3煎目:抽出時間40秒
ぼんやりとした草花の香り、ほのかにスパイシー。
厚みのあるミネラルウォーターという印象。







昨日レビューした白茶セットのうちの一つ。
こちらはグリニッシュさが控えめで、花のような香りが目立つ白茶ですね。
ただ、ほぼないレベルのライトボディーというのもあってかなり繊細な香りになっているので、個性派ではありますが派手なタイプではないなという印象。
HOJO 古樹白茶 腊把塘 20233




味わいもパラメータ的に尖っていますね。
尖っていると言いながら、文字に起こすと変ですが、全く尖っていません。
甘味が主張においてほぼ全てを占めていて、あとはミネラル。
クリアーで飲み心地が良く、質の面でも小米地に並んでいるのですが、淡麗過ぎてお茶というよりミネラルウォーターを飲んでいる感覚に近いですね。
甘味があって美味しくはあるのですが、どこか物足りず飲み続けているとおそらく飽きてくるかと思われます。
これもまたパーツ原料という感じがしました。
HOJO 古樹白茶 腊把塘 20234







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: