fc2ブログ

記事一覧

吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet

吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet
価格:2000円/20g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:やや低 評価:★5.5~6




吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet4
吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet3

[抽出条件]
茶葉1g当たり湯量75mL、95℃で4分蒸らし。


[香り]
トップノートは糖蜜を思わせる、甘くメローな雰囲気。
ミドルノートでも甘さは続き、ドライな穀物感と合わさってサトウキビのような印象。
シャープなボタニカルさが感じられ、金柑のような甘さが残る。
ベースノートは穏やかな落ち葉。

[味]
風味は華やかなボタニカルさと蜜っぽい甘さ。
戻り香に少し青み、ランの花がある。
優しい甘味が広がった後、エッジの効いたややビターな主張。
硬い雑味が鎮座しているようなイメージ。







今回のお茶は吉田茶園の新作の一つ。
いずみのセカンド紅茶でウンカ芽(お茶の新芽をウンカという虫が刺したもの)を使って作られたものになります。
ウンカ芽を使うと甘い香りが出ますが、品種自体の香りとマッチするか?味にネガティブな要素が出やすいのでいずみに合うか?というところが焦点だと思います。



香りは特有の魅惑的な甘い香りが漂い、また新芽によるボタニカルな香りもあって華やか。
ちょっと柑橘のニュアンスがありますが、これが甘い香りとマッチしていて金柑シロップのような香りになっているのが面白いなと感じます。
吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet1




飲んでみるとえらくフラットな飲み心地で、好みが分かれそうですね。
べにふうきの蜜香紅茶だと、分かりやすく苦かったりトゲトゲしくなりますが、このいずみのロットだとそうはなっていません。
が、渋さをはらんだ雑味がいきなり現れて終了。
コクが今一つで味わいを重視する方には向かないかも。
おそらくいずみ紅茶が好きな方は香りも味も求めていると思いますので、この点を考慮して購入を検討すると良いと思います。
時間を置くと変化が見られるかもしれないので、急いで飲むことはないお茶かなと感じました。

吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet2









吉田茶園 2023 IZUMI 2nd No.2 candy bouquet




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: