fc2ブログ

記事一覧

マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 2023

マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 2023
価格:1500円/10g タイプ:リーフ コストパフォーマンス:高 評価:★8.5




マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 20234
マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 20233

[抽出条件]
茶葉1g当たり湯量75mL、95℃で4分蒸らし。


[香り]
トップノートは糖蜜に甘い果物の香りが混ざった華やかな蜜香。
ミドルノートはランのような花が混ざった蜜っぽい甘い香りとオールスパイスのようなスパイス香。
冷めてくると熟した蜜入りリンゴのような甘い雰囲気と、爽やかなハーブ香を伴った白ブドウ。
ベースノートは枯れ葉。

[味]
風味はボタニカルさと甘いフルーツを伴った蜜香。
フルボディーでまろやかな甘味が広がるトップテイスト。
ほのかな酸味と軽い渋味の後、じわじわとした旨味と塩気が続く。
甘やかな後味と余韻が残る。






今回のお茶は、マルジョウむらかみ園の蜜香紅茶。
手摘みバージョンの方ですね。
去年リリースされた、2021年産の蜜香紅茶がとても良い香りだったので、こちらにも期待大ですね。

マルジョウむらかみ園 手摘、手揉 蜜香紅茶20214

ちなみにこれが2年前の茶葉の画像。
見た目からして全然違います。




香りと風味に関しては奇麗に蜜香が出ており期待通りという感じですね。
主張の強さというか、派手さで見ると若干落ち着いた構成になっているかなという印象を受けました。
2021年産は、蜜香に加えて強めに発酵されたべにふうきセカンドフラッシュの個性も現れていました。
一方2023年産は、発酵がやや控えめ。
雰囲気としてはべにふうきのファーストフラッシュに近く、上品な雰囲気ですね。
マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 20232




味わいの方が分かりやすく、以前のロットは強い苦渋(すぐになくなるのでネガティブではない)がありましたが、こちらはほとんど苦渋がありません。
コクがあって飲みごたえはしっかりしており雑味は少ない。
質の良さは変わらずといったところですが、かなり尖った2021年のものと比べると、仕上がりが奇麗だと感じました。
紅茶ではありますが、飲み心地としてはウーロン茶に近いと思いますので、その点は好みが分かれそうではあります。
一般的なべにふうき紅茶が好きな方よりは、台湾の東方美人や貴妃茶が好きな方にオススメです。
マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 2023






マルジョウむらかみ園 手摘、手揉蜜香紅茶 べにふうき 20231








スポンサーサイト



コメント

No title

今年も一年ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

Re: No title

こんばんは、コメントありがとうございます。

良い年末年始をお過ごしくださいませ。

No title

新年明けましておめでとうございます
昨年はつたなきブログへ
ご訪問を賜りありがとうございました

本年はブログ更新を増やしたいと思いますので
引き続きよろしくお願いいたします

Re: No title

あけましておめでとうございます。

こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けy

Author:けy
基本は国内外から手に入れた紅茶や緑茶や烏龍茶などお茶であれば産地・製法・価格問わずレビューしています。
買う理由が特にない場合は気に入った店のものを中心に購入して飲んでいます。
レビューするお茶に偏りが出ることもあるのはご了承ください。

レビューしてみてほしいお茶がある場合など何かありましたらコメント欄か右のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
リンクフリーです。

検索フォーム

ブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: